« 出会い、そして。 | トップページ | 大極宮はさておき・・・ »

2009年11月23日 (月)

見切ってみる。

どうも。

お久しぶりです。

長いこと書いてなかった気がしますが

見てる人も少ないと思うので

ま、良しとしましょうかね。

そして、今回も特に書くことないんだけど

ネタはないんだけど、見切り書きしてみた。

さ~、どんな話が飛び出すかな~?

~~~~~~~~~~~~~~~~

さっき「チーズ鍋」っての作ってみた。

・・・

これ、話広がらね~や。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日「大極宮」の朗読会ってのに行ってきました。

はて、「大極宮」とはなんぞや?

・大=大沢在昌

・極=京極夏彦

・宮=宮部みゆき

の3人による、ユニット、いや、違う。

同じ事務所の売れっ子作家の3人組。

ま、そんなん。

詳しくは、自分で調べてみよー!オーーー!

朗読は正直どうでもよく、どうでもいいの?いや、そんなこともないんだけど

作家さんを見れる機会ってそんなになさそうだからさ。

特にボクは大沢在昌先生の大ファンでして。えぇえぇ。

新宿鮫シリーズは当然全部読んでます。

特にⅡの毒猿 Ⅲ屍蘭 Ⅳ無間人形

の名作3連荘が大好きでして。

外で読んで、なくして。

引越しして、なくして。

いつの間にか、なくして。

で、また買ってしまった。

Image1008

Ⅱの毒猿。

文庫本サイズもいくつか出てるんだけど

この大きさの(なんちゅうの、この大きさの事を?)が

好きなのです。

一番の理由はやはりレオ澤鬼さんの挿絵の魅力ですかね。

ストーリーをよりいっそう盛り上げてますね。

特に「無間人形」での気持ち悪さ。

たまらんっす。 気持ち悪いの、好きです。

適度にね。

で、このⅡ毒猿がシリーズの中でも

最もハードボイルドな作品になっていて、

恐ろしい描写もあるけど、爽快さも残るかな。

撃ちあいとか、プラスチック爆弾とか

ストーリーも1番派手ですかね。

男性向きだと思われます。

朗読会の時のトークコーナーでも

ピストルに関するウルトラ・マニアックな話を

永遠してました。

客席は「シーン」としてました。

それを察した京極夏彦さんが、話を止めていました。

真ん中で宮部みゆきさんが微笑ましく見守ってました。

良いトリオだ。

京極夏彦さんは、まだまだ読み足りないので

これから読んでいきたいなと

宮部みゆきさんは何冊か読んだけど、

ちょ~っとボクにはSF色が強く感じてしまって

もういいかなぁ?と。

面白くて全部読めるけどね。とちゅうでやめずにね。

さて、毒猿の続きを読んで

大沢ワールドにどっぷり漬かってみますかな。

ちなみに、

ボクは松本清張が1番好きです。

|

« 出会い、そして。 | トップページ | 大極宮はさておき・・・ »

コメント

京極夏彦・・・・

魍魎の匣で、はまったなぁ。

他は、あんまり読んでないですがこの1冊は挑戦の価値ありかと。

まず、「もうりょうのはこ」って入力しても絶対一発では変換してくれないっす。

ん、説得力無い?

では、ラストシーンで出てくる神社、中学生のころよく遊んでた神社なんです。

まだ、その気にならない???

じゃぁ、必ず文章がページをまたがないように書かれてるところで、どーでしょ。結構、凄いことかと。


本編も、かなりお薦めですよ、マジで

投稿: つるり | 2009年11月23日 (月) 18時26分

つるりさん>
 おぉ、やはりはまってましたか!
 ボクはうぶめのなつ、姑獲鳥の夏、
ではまりました。
 もーりょー、買おう買おうと思いつつ
分厚いの買うか
3冊に分けて買うかで悩み中です(笑)

神社が出てくるのですね?
 うぶめで出てくる鬼子母神は毎年行っています。
文章がまたがない。そうなんですよね。
変態ですよね(笑)
 朗読会でのオープニングCGも
京極さんが作ったそうで。
 かなりの完成度だったのですが
わずか5時間で作り上げたそうです。

ボクも改行が上手くいくよう
頑張ってます(笑)

でも、松本清張が一番なんです。。。
 

投稿: わ | 2009年11月23日 (月) 23時01分

お、更新されてる♪(見てる人・その4)
新書サイズですな。推理モノってこのサイズ似合うよね。清張をはじめ、西村京太郎とか赤川次郎とか。
で、大極宮。たまーにWEBで週刊大極宮見たりする。
ハード&オドロオドロシイものを書いていらっしゃる割には御三方揃ってすんごい素朴な感じのブログでホッとしたり(笑)
というわけで、次回LMBはフーズハニイな感じで!(ないな・・・)

投稿: ふ | 2009年11月24日 (火) 20時32分

大沢在昌おもしろかったです。
松本清張もおもしろいと思います。

しかし、若林さんが一番おもしろいです。

時間ある時にぜひ更新お願いします!

投稿: ふたみ(ゆ) | 2009年11月24日 (火) 22時57分

ふさん>ふさん?
 あ、これ新書サイズっていうんですね。ほうほう。
 清張とか読んでると、西村京太郎が軽くて軽くて
読めないんですよね・・・
 次回はフーズハニー!イエイッ!
 でもVoがロケットおっぱいじゃない。。。

投稿: わ | 2009年11月25日 (水) 10時19分

ふたみ(ゆ>やあ。
 ふたみさんにはかないませんよ。
 更新してくれと言われても、しないよ。
 する時はするけど。
 

投稿: わ | 2009年11月25日 (水) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104497/32317505

この記事へのトラックバック一覧です: 見切ってみる。:

« 出会い、そして。 | トップページ | 大極宮はさておき・・・ »